色白おやじの無味無臭ブログ

色白おやじが、様々な趣味に取り組むブログです。

特急やくも

やくもです。やくも。


f:id:wide-tree:20160420222915j:image
Wikipediaから

ご存知ですか?

岡山駅から出雲駅に向かう振子式特急です。
レトロな感じで良いですね。

筆者は2年ほど前、このやくもに乗ることができました!

筆者の友人が米子で結婚式を挙げ、式に出るために、山口県から遠路はるばる向かったのです。

米子ってどこだ?島根?

(鳥取の皆様ごめんなさい?しかし、山口も知名度では負けていませんので、お許しを)

と、そもそも米子が何県かすら知らず行きました。

その際、新幹線で岡山に行き、岡山駅からやくもに乗ったのでした。

まーーー遠い!

岡山駅までは1時間チョイでつきましたが、やくもに乗ってからが遠く長い道のりでした。

2時間はかかりましたね。
山口から岡山に向かうより時間がかかりました?

しかも、夜でしたので暗くて何も見えません。
暗い中を長時間ギュンギュン進みます。

このまま帰れなくなったらどうしよう?

と、遠い山陰の地で心底怖くなったもんです。

それでも、旅行にあまり行けない筆者はタコ飯弁当を食べ、旅情に浸って楽しんでいました。


景色が見れたら良かったのになーと今も思います。

しかし、同じく福山からやってきた友人は
「二度と乗らない」
と吐き捨てました。

揺れまくりで、酔いかけたそうです(笑)

筆者は、幼少から特別乗り物酔いに強いこともあり、全く酔いは感じませんでした。

このやくも、知る人ぞ知る、揺れまくり酔いまくり電車だそうです(笑)

別名「はくも」だとか(笑)

エチケット袋が備えられているらしいですよ。

その晩は結婚前夜で友人と語らったのですが、何かと話題に「やくも」が絡んできました(笑)

結局、福山の友人と帰るときは、

2時間 ゆったり・やくも

を丁重に辞退しまして、高速バスで帰りました。

高速バスの方が楽でしたね(笑)

しかし、やくもに文句言ってるのではありません。
やくもの車窓からは、大山や中国山地など素晴らしい景色が楽しめると思います。(想像ですが)

夜はオススメしません。何にも見えませんから。

暗い中、暇つぶしにスマホ見ながらやくもに揺られたら、エチケット袋の世話になること請け合いです。

また、再び外の景色が見える時間に、友人らと


もいいなと思うのでした。