色白おやじの無味無臭ブログ

色白おやじが、様々な趣味に取り組むブログです。

「ぶち」は広島弁??!!?!

山口弁で「ぶち」という方言があります。


f:id:wide-tree:20160506123700j:image

ぶちうまい。
ぶち楽しい。
ぶち痛い。

などなど。
すごくという意味ですね。

気性の荒い山口じじいなんかは

ぶちにやすど!

ぶちめいじゃるど!

ぶち・・・すごく

にやす・・・なぐる、やっつける

めぐ(めいでやる)・・・壊す

~ぢゃる・・・~してやる

とか怒鳴ったりします。
物騒ですね💧

気性の荒い山口県民に絡まれ、「ぶちにやす!」と言われたら、

えっ?何ですって??」と聞き返し、標準語で撃退しましょう。

しかし、このぶち。山口県民のアイデンティティでもあるのですが、なんと広島県でも使われている方言なのです!!

ところで。
筆者は広島の大学でしたが、4年間で全く山口弁が抜けませんでした!

普通、住むところも変われば、言葉も変わると思いますけどね。

広島弁を話す友達とも何の違和感なく、山口弁で話していました。例えば

「授業行かんそ?」(行かないの?)
「やめろっちゃ」(やめろって)

などですね。

広島人の友人も「聞かない言い方だけど、ニュアンスでわかる
と言ってました(笑)

広島県山口県で言葉の壁を感じたことはありません。


はだしのゲン」並のゴリゴリの広島弁の方にはあまり会ったことありません(笑)

地方や世代によるのでしょうね。

ぶちの話に戻りますが。

筆者の仲の良い友人に広島県福山市三原市出身の友達がいるのですが、

フツーーーに

ぶち

を使うんですね。

そこで、筆者は

「それ山口弁やね??」(だね?)

と聞いたんです。

友人達はキョトンとして

いや。広島弁じゃけ」(広島弁だから)

と答えたのです!

アイデンティティが崩れ始めました。

山口弁ではなかったんですね・・・

そこで議論になりましたが、

島根県民の友人

山口弁だで??」(山口弁ですよ?)

出雲弁で援護射撃してくれたので、かろうじでアイデンティティ崩壊は免れましたが。


調べてみましたが、ぶちは山口だけではないんですね。これが。

広島県も平常にぶちを使うんです。

山口県民たちよ。
広島でも「ぶち」は通じる
ということを覚えておきなさい。


お隣なんで言葉も近いんでしょうね^^*