色白おやじの無味無臭ブログ

色白おやじが、様々な趣味に取り組むブログです。

お題スロット「部活動」

お題「部活動」

定期的にお題スロットを回して、気まぐれに記載しようと思います。

部活ですね。

筆者は小学4年から高校生までの約7年ほど剣道をやっていました。



f:id:wide-tree:20160512090819j:image


段位は3段で、個人成績は市の大会で準優勝、県大会出場程度です。


レベル的には素人ではない程度ですね。

強くはありません?

このくらいのレベルはその他大勢のジャガイモです。


この剣道、あくまで個人的な意見として聞いていただきたいのですが

全然面白くなかったです・・・

まったく性に合いませんでした。

ルールは、腕か頭か胴体を叩けば1本になって、二本先取したら勝ちです。

ですが、当たっても、

「声が出てない」

「竹刀を縦にきれいに振ってない」

「打った後の構え(残心といいます)がなってない」

などの理由でポイントにならないことも多々です。

審判が決めるので、判定にすごくバラつきがあるんですね。

人的ジャッジですから。

もちろん、ホームタウンデシジョンもありました。

あのチームのホームだから1本になりにくい・・・とかね。

加えて、場外に二度出たら反則で1本取られます。

ですから、汚いヤツはグイグイ押してきます。

頭に来て、思い切り体当たりして突き飛ばしたりすると、やり方が下手だと「そんなの剣道ではない」と、注意警告されます。

じゃ、相手はどうやねんと。


筆者はそんなのが嫌でした。


加えて剣道、あまり護身術にはなりません。

棒持ってたらいいですけど、持ってないと、なーんにもできませんから。

日常生活に棒なんて持たないでしょ?

剣道と並行して、趣味で護身術や格闘を学んでいた筆者が感じたことです。


そこで、大学生から素手でも強くなれると、柔道、総合格闘技を始めました。


こっちは性に合ってましたね。楽しかったです。

身体つきも変わりましたしね。

強くなっているのが、ひしひしとわかりました。

倒せば勝ち、倒されれば負けとわかりやすいですから。

ま、スポーツなんで人為的な何かが、全くないとは言いませんけどね。

護身術としては大いに役立ちました。


護身術が必要な警察官も、柔道剣道が必修と聞いてますが、剣道いりますか?

そんなに警棒振ったりしますかね?

筆者は柔道と、ボクシングとかに変えた方がいいと思いますよ。

警棒も縦に降るとか、残心とか言わないでしょうし、剣道の振り方とは違いませんかね。

警察官が剣道をどのように生かしているか詳しく知りませんが。

何か警棒術のようなものを体系化すべきではと思います。

決して剣道の悪口を言ってるわけではありません(笑)


部活動である剣道を通じて、筆者が学んだことです^^*