色白おやじの無味無臭ブログ

色白おやじが、様々な趣味に取り組むブログです。

護身術 反省会その1

護身術が始まりました。

 

その間にも、護身術のコーチ陣と護身術の実戦性についてミーティングしたり

 

寝技(組み技)の実戦性にコーチ陣が大興奮したり

 

と妙なエピソードもありましたが、またそれはいずれの機会にお話します。

 

ブログのネタにもなるので、練習度に反省をしようと思います^^*

 

ま、相変わらず筆者は護身術に適応できずに四苦八苦してますが、初日は特にポンクラでした。

 

後輩のキジにボクシングを教えて貰ったからと、ワンツーばっかりしてたんですね。

 

あたらんあたらん(笑)

 

露骨に狙いすぎて見切られてました。

 

また、踏み込みが足りずに、相手に届いてませんでした。

届いても、相手が亀の子状態になるのでポイントになりません。 


f:id:wide-tree:20160918024622j:image

 

結局、組み付いて膝蹴りか、亀の子の相手にミドルというワンパターンになってしまいます😭

 


f:id:wide-tree:20160918024603j:image

 

しかも、露骨に頭下げやがるから相手の面がねで足を打ち、痛いのなんのって・・・・・・ミドル以下の高さですけどね(°ㅂ°💢)

ハイキック打ってねえぞ、こっちは

頭下げんなよ(  ˙-˙ꐦ)

 

で、筆者は焦り、離れた距離から馬鹿のように真っ直ぐワンツーに行くので胴蹴りを貰いました・・・

 

防具ポイント制の護身術では、パンチ中心に頼るのは難しいものがありますね。筆者のレベルでは(-_-)ウーム

 

蹴りを極力封印してましたが、護身術では逆効果でした。

 

今後の反省点として・・・

 

防具ありきの、実戦で使える戦い方を実施しよう!

 

〇 離れた距離では、前蹴りを活用し、胴蹴りを狙う。

 

〇 亀の子野郎にはミドルを。その際、自分の胴を守っておく。   しつこい、露骨な場合は横面打ってみる。

 

〇 蹴りを嫌がって突進してきたら、パンチ。組み付かれたらヒザor胴タクル投げ。めり込むヒットが望ましい。打ち終わったあとの残心アピを忘れずに。

 

〇 蹴りにはカット&キャッチ 

 

これを意識しつつやってみます