色白おやじの無味無臭ブログ

色白おやじが、様々な趣味に取り組むブログです。

部隊の野望 〜日本拳法に挑戦(したい)〜

筆者は友人の集まりに勝手に部隊名を付けてます。

大学の友人達は「広島小隊」

弟との2人で「下関小隊」

と。

 

小隊というのは単位の一つなので、もっと下には分隊。上には大隊、連隊、旅団とかありますが、言いやすさから小隊と名乗ってます。

 

隊と付くからには、軍事的行動を取らなくてはなりません。

行軍として、登山。戦闘訓練として格闘技をボチボチとやってますが・・・

 

仲間内だけではなく、部隊でなにか大会に出れないかなと常々考えてました。

 

ガチ格闘試合に出られるのは、アマシューターの忍者君(広島隊)と、キックをしてる筆者の弟(下関隊)ですね。

 

筆者はボーダーラインちょい下です。KO制の格闘試合に出るには、ちょっと体が鈍りすぎてます。

 

で、あと2人は格闘経験の浅い、柔術ひと月のG(試合経験なし)と、空手系総合半年(試合経験1回)のシュガーレイですね。

2人とも広島小隊です。

 

忍者と弟はいいとして、それ以外はKO制大会に出るには、ちと経験&技術不足で危険です。

 

筆者は考えました。

KO制ではなく、経験の浅い隊員でも全力で頑張れる格闘がないもんかと・・・。

 

すぐひらめきました。

 

日本拳法ですね。

 

もともと、筆者もやってみたかった競技なんですが、機会も道場もなくやったことは無いです。

 

ルールは剣道や護身術同様に2本先取型のポイント制競技です。

ですが、ルール的な制約はほぼ無いんですね。

パンチもキックも、投げも関節技もOKなようです。

相手を寝かせて殴るなんて、総合チックな試合展開すらあります。

護身術みたいに亀状態もありません。あんなんしたらハイキックもらいます。

 

で、自衛隊の方々は、徒手格闘といって、日本拳法と同様のルール、技術で訓練していて、日本拳法試合にも出ているそうですよ

 

ある程度実戦的かつ、KO制ほどの危険性はない。

これならイケると確信しました。

 

しかも、日本拳法・・・素晴らしいことにオープン戦があるんですね!

アマチュア格闘マンなら出場可能と!

 

もうこれしかないですね。

広島・下関連合隊で日本拳法にチャレンジしたいと思います。

 

あ、決して素人の生兵法で無責任に試合出るわけではありません!!

 

今年から、メインは一人練習ですが、各隊員格闘技の修得に励んでいます。

最低でも1年の格闘経験をもってチャレンジします。

 

あとは、部隊員たちを騙し・・・いや説得して出場するのみです。

 

格闘マン2人はなんの問題なく「ええよ」と公園に散歩に行くかのように了承しましたけどね(笑)

そもそもKO制で活躍してた連中なので、全く臆することもありませんでした(笑)

 

あとはスーパールーキー達です・・・

 

グラップラーのG君です

 

打撃寄りの競技なので、柔術だけしか経験ない彼には苦しい戦いになるでしょう(笑)

 

さあ、どうなることやら?