色白おやじの無味無臭ブログ

色白おやじが、様々な趣味に取り組むブログです。

妻子持ちであるにも関わらず……武道おやじ

さて、筆者とマウンテンデューは妻子持ちなんですが……

 

筆者は茨城出張で三日家を空けてからの、朝イチ練習、そして昼から仕事なので、奥様もちょっと緊張の色が走っていました……

 

家庭と仕事と趣味……

 

奥様達は子育て家事と休みなく働くワケで、趣味の時間が取れるわけではないです。

 

本当に感謝してます。

 

それをほっぽり出して、旦那が趣味に邁進するのって良くはないですよね…それは理解できます。

 

なら趣味をやめれば?という話になりますが、筆者にとって格闘技は仕事にも生きる上に一つのライフワークでもあるのです。

 

やめることはできません。

 

かつて筆者は格闘技を忘れ、

ガードポジション?それなんだっけ?」

と言うくらいに記憶から滅失した時期がありました。何年か。

 

その時は仕事も調子悪く、精神状態も最悪でした。口を開けば、仕事が辛いとそればかりでした。

 

その時期に出会ったのが、今の奥さんでした。奥さんには喧嘩もしましたが心の支えになってもらいまして、本当に筆者にとってかけがえの無い存在です。

 

また、その時に登山に目覚めて、登山していると「もう格闘技はいいかな」と思えたのでした。

しかし、その時は格闘技からわざと目を背けていたにすぎませんでした。

 

ひたすら格闘技から目を逸らし、格闘技の番組やウェブサイトを見るのが辛いほど、筆者は格闘技から遠ざかっていました。

 

辛いということは内心やりたかったんだと思います。

 

そして、何度かお話したように、年末、友人の忍者君が突如

「差し合いをしよう」

と差し合いしてきました。

懐かしい差し合いの感覚。

差し合いから伝わる相手の練度。

鍛え方の足りない自分に対する情けなさ。

 

そこから、マラソン、柔道練習、護身術練習、護身術大会、年末格闘大会と筆者は格闘技に戻り始め、格闘技ジムに通い(ほとんど肋骨折って行けませんでしたが)格闘技にカムバックしたのでした。

 

大学生の頃、筆者は男子である以上武道の嗜みあるべしと持論を持ってました。

 

今もそう思います。

男子、警備員、父親である以上、やはり武道の嗜みあるべし。

 

鍛えることができて、楽しい上に、もしもの時は自分や人を守ることが出来る……素晴らしきかな武道です。

 

もはや、格闘技、武道は筆者のライフワークのひとつです。

 

グダグダと長文失礼しましたが、結局何が言いたいのかと言うと……

 

奥様に、許しを頂ける範囲の練習時間について話し合いをしよう。ということです(笑)

 

奥様の許してくれる範囲で頑張りたいのです(TT)