色白おやじの無味無臭ブログ

色白おやじが、様々な趣味に取り組むブログです。

昇進試験と神の愛

一昨日、体調をガタガタに崩してしまいました。

 

喉が痛くなり、40度近い熱にうなされ、身体は炎症激しく辛くて立てないほど……

 

おりしも、昇進試験前日……

 

筆者は昇進は望んでいませんが、本社に呼び寄せられて、ヒラのままでいることのデメリットと、昇進のメリットを説かれ、偉い人たちからのプレッシャーを受け続けてきました。

 

小さなスキマ時間でも、参考書や社内報、社内通達を開く毎日(泣)

 

当初こそ新天地で柔術に夢中になってましたが、そんなことは遥か彼方に追いやられ、プレッシャーと戦う日々でした。

 

しかし、筆者も人間。奥さんや子どもたちとの思い出作りは欠かせません。

 

子どもたちに時にはガマンしてもらって勉強……

 

昇進試験は一次、二次、三次と三段階に絞り込まれていきます。すべてパスすれば、晴れて主任です。

しかし……本社社員が一次試験で不合格になる事は許されません……:(´◦ω◦`):

 

筆者は出来る限り私生活の思い出作りも大事にしながら、勉強をこなしました。

 

そして、勉強不足を感じながらも、何とか丸一日で仕上げようと試みますが……

 

40度の熱……

 

動かぬ体……

 

奥さんが子供を実家に輸送、踵を返して筆者を病院へ……

 

子供用冷えピタをデコに貼り……

 

病院を駆け巡る……

 

彷徨える白い肉塊……

 

結局ほぼ勉強出来ず。

 

点滴とカロナールを白い肉塊にぶち込んで、何とか試験を受けました。

 

事後感……は惨敗

 

もうダメだと思い、熱が出てきたので早退させて貰いました。

 

すると、夜に直属の上司から電話

「色白……受かってるぞ」

 

思ってもいない逆転合格。

 

安堵と、若干の嬉しさ。まさか受かってるとは思いませんでした。

 

1番喜んでくれたのは妻でした(´-ω-。` )

 

またこれから勉強の日々かと思うと憂鬱ですが。ちょっとがんばって見ようと思います。

 

娘や息子が病気になった時、筆者が勉強や病気で彷徨える白い肉塊になってた時、支えてくれたのは妻でした。

 

そして、筆者はクリスチャンでもないし、博愛主義や信仰心が厚いわけでもないです。

最近まで不運なことがあると神様の悪口をいうことも多かったです。

 

しかし、、思い返せば、筆者は人生の要所要所で、神頼みし、守られ、助けられています。

 

最近ちょっと改心しました。

 

妻への感謝と愛、神への感謝と愛は常にこころの拠り所とし、この心を捧げようと思います。

 

今回は神頼みしてないですけどね。

 

というテーマで、jazzyかつHIPHOPな神への愛を歌った曲

「LOVE」サム・オック

を聴きながら、神への愛を綴りました。

 

皆さんも試してみてください。

バカバカしいかも知れませんが(笑)

 

ちょっと心折れそうな時は、神でも仏でも、ちょっと大いなるパワーをあえて信じてみて、祈ってみて下さい。

助けられる時がありますよ。