色白おやじの無味無臭ブログ

夫サイドからの3人育児漫画、コミックエッセイです。

スポンサードリンク

「グレッグのダメ日記」 ブックレビュー

スポンサードリンク

筆者は、児童書も大人が楽しめるものと思っています。

 
そんな中、筆者が最近夢中な本を紹介します。
 

f:id:wide-tree:20160513063438j:image
 
グレッグのダメ日記
 
です!
 
アメリカ小学生のグレッグ君は、いつか有名人になると夢見ています。
 
有名になったときに、「どんな子だったの?」という質問に一日中答えなくていいように、日常の記録をしており、
f:id:wide-tree:20160513064341j:image
そのノートを垣間見るというストーリーです。
 
 
主人公のグレッグ君、ダメなヤツなんです。
 
体は小さい、運動神経よくない、勉強できない。
その上、自分がいい思いをしようと、何かイタズラしたり、人を騙そうとして盛大に失敗します。
 
友達と言えるのは、ちょっと(だいぶ)頭の弱い同級生のロウリーだけ。
 
周囲はおばかの集まりで、女子も男子をからかって「女子ってさいこう!」なんて言ってしまうような意地悪。
 
いい人だけど気難しいパパ、教育熱心だけどおせっかいなママ、
ヘビメタ好きでいじわるな兄のロドリック、甘やかされてやりたい放題の弟マニー
 
f:id:wide-tree:20160513065819j:image
 
ひと癖ふた癖あるメンツが、グレッグの学校生活に華を添えます。

f:id:wide-tree:20160513080741j:image
 
日々、ヒゲを剃る必要があるゴリラのようなジョックスや、不良高校生の影に怯えながら、日々うまくやろう、人気者になろうとして失敗していきます。
 


f:id:wide-tree:20160513081110j:image

 
時には、グレッグ含め周囲が頭悪すぎて、先生に諌められたり
 

f:id:wide-tree:20160513081231j:image
 
失敗して、しょっちゅうパパやママに叱られます
 

f:id:wide-tree:20160513081304j:image


グレッグも頭はよくないので、失敗ばかりして、全く有名になるそぶりはありません(笑)
 
グレッグ君の自業自得的な、パッとしない学校生活がユーモラスに綴られています。
 
 
グレッグの姿を見て、思えば、小学校もある意味過酷な環境だったなと、しみじみ思いだしました。
 
スクールカースト、家族との関係、一見強固に見えてガラスの橋のように砕けやすい友達関係・・・
 
昔っから人気者バリバリジョックスで、子供時代には楽しい思い出しかない。
という方は読んでも楽しくないかもです。
 
グレッグや筆者のように、パッとしない学校生活を送った方にはオススメです^^*