色白おやじの無味無臭ブログ

色白おやじが、様々な趣味に取り組むブログです。

最強サバイバリストYouTuber

最強人間かもしれない

 

すさまじいユーチューバー見つけました。


primitive technologyというアカウントの動画です。

 

筆者は最近もっぱらアウトドア系の動画を見ていまして、おすすめ動画からこの動画を知ったのです。

 

primitive 原始的な
technology 技術

 

まさにそのままです。
彼の動画はアウトドアの域を越えています。

 

まず彼はブッシュクラフターが重宝するナイフや火打ち石、斧など使いません。


f:id:wide-tree:20180107235828j:image

石や木です!!

 

石を欠いて作ったナイフで植物を切り、石斧で木を伐り倒し、キリモミ式で火を起こすのです!

 
f:id:wide-tree:20180107235856j:image
↑火を起こす。土で作った炉に火入れするため

 

シェルタータープ?ソロテント?
そんなもの彼は使いません。彼は

 

土や粘土を捏ねて煉瓦を作る

のです!
f:id:wide-tree:20180107235942j:image

↑水と枯れたヤシの葉を土に混ぜ、捏ねてゆく。繊維質の葉を混ぜることで土が割れるのを防ぐとか


f:id:wide-tree:20180108000200j:image

↑煉瓦を作る。型枠も当然石と木による手作り。後ろの水を入れるポットも川の粘土を使って作られたもの

 

そして、土から炉をつくって瓦すら作ります。


f:id:wide-tree:20180108000405j:image

↑ハンドメイド家……

 

もはや原始人です

 

我々はどこから来たのか、そしてどこへ行くのか…

 

そんな深夜の科学特番で出てきそうな命題すら、彼を見ていると頭に浮かんで来るようです。

 

有志による日本語字幕もありますので見てみると楽しいです。


彼が科学的根拠に基づいてprimitiveな生活をしているのがよくわかって楽しいです。


f:id:wide-tree:20180108000509j:image

↑屋根瓦 当然自作


f:id:wide-tree:20180108000557j:image

↑これも 小屋には炉があります

 

彼はオーストラリア北部でこの動画を撮影しているようです。
SNSもしておらず、メディアにも出演しません。
いわく「自分は未熟だから」だそうです。

クスリともせず、黙々淡々と作業に没頭する姿は美しさすら感じられます。
すさまじい根気です。

 

彼は趣味としてこの活動をしているようですが……

コレ、ライフラインを完全に確保しているようですし、彼こそ本当の意味でのサバイバリストじゃないかと思います。

 

筆者個人的意見ですが……ナイフとか、フライパンとか、火打石とか、斧、鋸、調味料etc..そんな人様の作った道具を駆使している時点で、サバイバルとは言えないのかも知れません。

 

彼の前では霞んで見えます。

 

この男こそ真のサバイバリストでしょう。


f:id:wide-tree:20180108000711j:image

↑二頭筋と三角筋を震わせながら、錐揉みする彼。

    粘土で作ったポットの水を湯沸かしする。

 

何気にいい体してますしね……

服もプリミティブに作ればいいのに。

いつも上半身裸です。

 


f:id:wide-tree:20180108001509j:image

↑時々姿を見せる七面鳥君。法的に保護されているらしく、primitive technologyの餌食になることはない。


f:id:wide-tree:20180108001638j:image

↑しかし、彼のキャッサバ畑を維持するため、追い払われる

 

身体が引き締まったアウトドアマンってカッコイイです。

 

こういう無言系のアウトドア動画大好きです。

興味のある方はぜひ!

 

悪質な転載アカウントとかにはご注意を

 

また、カンボジア系の人達がパクリ動画を沢山あげてます。

面白いのもありますが、劣悪なのもありますから(例……明らかに死んでる魚をモリで仕留めた体で捕まえて、ナイフで捌くとか)よく楽しんで見てみると良いです(笑)