色白おやじの無味無臭ブログ

夫サイドからの3人育児漫画、コミックエッセイです。

スポンサードリンク

本日の名盤【ビル・エヴァンス】

スポンサードリンク

最近ローファイにハマってると吹聴してました色白おやじです。

 

ローファイ素晴らしいです。

チルホップも素晴らしい。

 

ですが、ふとクラシックなジャズをまた聞いてみても、これまた心に染み渡りますね。

 

ジャズは愛好家の方々の知識がすごいので、私ごときライトなエンジョイ勢は話題にすべきじゃないかと思ってたんですが。

 

エンジョイ勢のつぶやきと思って聞いてくださいまし。

 

今日のお供は

午後の紅茶

 

 

 

ビル・エヴァンスです。

My foolish heartが現在流れています。

 
 
 

 大学の頃この曲を聴いて、その哀愁とこぼれるような旋律に心奪われ、そのままジャズファンになりました。

 僕はジャズ喫茶にマルクスの本を持ち込んで泥水コーヒーをすすっていた全共闘世代大学生ではないんですが、ジャズは大好きでした。

 

 ジャンルは違うそうですが、いろいろ聞きました。

 チェット・ベイカーマイルス・デイヴィスアート・ペッパー、MJQ、セロニアス・モンク、そして元プロボクサーでジャズピアニストという僕の妄想するようなかっこいい経歴の巨匠レッド・ガーランド

 そうです。知識を色々つけたわけではなくフィーリングによって買い漁ったかんじです。

 

 ジャズってジャンルや方向性も多岐にわたるので、一概にこれがジャズであるっていうのがないそうなんですよ。

 富裕層志向、音楽の正統性を求めるもの。

 自由で革新的な、型をもたないもの。

 現代音楽と和洋折衷しているもの・・・などなど

 

 僕がビル・エヴァンスに心奪われたのはその抒情的なサウンドでした。

 

 まるで指の間から小さな星屑がこぼれ落ちていくように奏でられるその旋律は、何か失敗して、落ち込んでいた当時の私の心(おそらく大した悩みではないんですが)に寄り添って染み渡ったのを覚えています。

 

 エヴァンスの演奏する姿や写真も私は好きで、一時携帯の待ち受けにしたりしてましたね(笑)

 カチカチのなでつけ頭に、スーツ姿で、煙草を咥え…

 背中を丸め、鍵盤にうずくまるように演奏するその姿は、あまりにかっこよくて私は憧れたものです。

ビル・エヴァンス

※引用Prime Music - ビル・エヴァンス 『Everybody Digs Bill Evans』 (amazon.co.jp) 

 

 

 そして、僕は

  昼はプロレスラー、夜は顔に絆創膏を貼ったジャズピアニスト(またはトランペッター※こっちはチェットベイカーを聞いたときに想起されます)

 という職業になりたいと憧れ、勝手に妄想するに至りました。

 そして妄想は実現はしませんでしたが、時々現在も妄想は繰り返されます。

 

 いつかピアノが弾けるようになりたいです。

 

 夜の執筆にジャズをかけてみたいという方、ぜひビル・エヴァンスお勧めします。