色白おやじの無味無臭ブログ

夫サイドからの3人育児漫画、コミックエッセイです。

スポンサードリンク

【好きな公園】砂防公園が好きなんです【エッセイ漫画】

スポンサードリンク

今週のお題「好きな公園」

 

好きな公園ですか。

一時アウトドアにハマって公園巡りも趣味と化した私としては、やはり

 

砂防公園

 

が一番のおススメですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の砂防公園は不気味です。

人気はないし、無機質な建造物あるし、森は暗く深いし・・

 

でもね。ホントおススメなんですよ砂防公園。

 

砂防堰堤があるという条件からして、必ず川と山林があるんですよね。

 

川や池は危険なら近づかない方がいいですが、整備されてちょっとした川遊びができればいいですし、

 

山林は生き物や植物の宝庫です。

 

はっさくも怖がったのは最初だけで、結局は楽しんでいました。

 

巨大な砂防ダムの前で撮影。

 

 

 

森を前に不安そうなはっさく

「そんな感じなポーズをして。お母さんにいたずらで送るから」

と指示しました(笑)

 

竹林に折れていたタケノコ発見

剝いてみるはっさく

タレントのムルワカさんはこれに醤油つけて食べてたな。

 

 

私は現在の100円ショップでミリタリーチックなアウトドアグッズやメスティンが売られる前、そうですね平成24年くらいはキャンプにドはまりしてました。

 

最近キャプテンスタッグもミリタリー調のかっこいいアイテム出しまくってますね。

何なの?!僕がハマったときそんなの無かったのに!!

 

 

陸上自衛官だった弟を連れ、砂防公園の無料キャンプ場でテント泊して、翌朝は砂防公園隣接の山を登り、200~300m台の小山ですがプチ縦走を楽しんだものです。

 

人気のない山のふもとで、焚火したり、冷たい水で歯磨きして、星のきれいな夜空を見上げ静寂に耳を澄ますとまた格別なんですよねこれが。

 

キャンプやアウトドアは超楽しいんですが、なにぶん時間と労力が多大にかかるし、人と行動するとなると日程調整やらが大変なんですよこれ。

 

ですんで子供生まれてからはほぼ行ってないっすね。

 

僕の古い記事を見てもらったら、そんなアウトドアの一面がちょこっと垣間見れます。

 

 

子ども達も成長していったらまたアウトドア趣味に走ってもいいかもしれませんね。

 

ということで、自然との距離が肉薄している砂防公園を僕は推しますよ。

 

虫よけ対策をしっかりしてもらって、ぜひ砂防公園に遊びに行ってみてください。

ホント面白いですから。

 

植物図鑑や虫とり道具持って行ってもいいかもですね。

 

 

↓↓↓インドア派と見せかけてアウトドアも割と好きな私の記事↓↓↓

 

wide-tree.hatenablog.com

 

wide-tree.hatenablog.com

wide-tree.hatenablog.com

wide-tree.hatenablog.com

wide-tree.hatenablog.com

wide-tree.hatenablog.com

wide-tree.hatenablog.com

wide-tree.hatenablog.com

wide-tree.hatenablog.com