色白おやじの無味無臭ブログ

夫サイドからの3人育児漫画、コミックエッセイです。

スポンサードリンク

スクワットは宗教

スポンサードリンク

脚トレの神様

レジェンドボディビルダー トム・プラッツの名言です。


f:id:wide-tree:20201102000855j:image

トムプラッツの足下どころか、爪の先にも及びませんが、スクワットしました。

 

最近、仕事が忙しく、お尻をを火傷して格闘技出来ず、体調壊した上、トレーニングせず、食事制限も疎かになって、子どもたちも体調崩し、果てはつまらない事を言って妻とケンカして……(自業自得ばかりですが)

 

精神的に鬱屈としてました。

 

そして、仕事の休憩時間にはっと思いつきました。

 

そうだ、こんな時こそトレーニングしよう。

それも1番嫌なスクワットを!

 

トムプラッツの言葉が思い起こされました

「スクワットから逃げるな!」

 

筆者、仕事先なので自重でピストルスクワットとお茶500mlペットの詰められたダンボールを抱きかかえて、フルスクワットしました。

 

脚がズーンと重くなって上手く動きません。

さらにカーフレイズをして、回し蹴りの練習です。

 

汗をかいて息が上がりました。

両足ともパンプして動きません。

 

と、ともに今までのうじうじとした気持ちが消え去り、爽快な気分になりました。

「スクワットは宗教だ」

またもトムプラッツの言葉が思い起こされました。

 

そうですね。

筋トレは筋トレであって筋トレでないのです。

逃げたいことから向き合う

そして自分を高める

その先に何があるのか追及する。

 

もはや、生き方の指針です。

 

明日から、精神的にウジウジとしたら、自分にムチ打ち「激しいトレーニングによって自分と向き合う」ことにします。

 

そういえば、私立探偵スペンサーで、恋人のスーザン・シルヴァマンにつまらない失言して怒らせ別れて、孤独に苛まれつつ猛烈にトレーニングしていたシーンがあったのを思い出しました。たしか「失投」だったかな。

※すいません。「約束の地」でした。

  しかもつまらない失言ではありませんでした。ちゃんと読んでないですね、ごめんなさい

 

レーニングは禅と同じように、自らと向き合い省みて、心の平静を得る効果があるのかもしれません。